2009年05月27日

バルセロナ からの感動−続き

いよいよ、今日はUEFAチャンピオンズリーグの決勝。
(正確には、日本時間の28日朝ですね)
バルセロナVSマンチェスターユナイテッドの試合です。

なーんて考えていたら、
かなーり昔にバルセロナ観戦記を途中まで書き、
そこで終わっていたことを思い出しました。


・・・・
2005年のUEFAチャンピオンズリーグ、
バルセロナVSチェルシー戦です。
http://hatsutane.seesaa.net/article/117021904.html?1243346548

バルセロナのソシオ(会員)のおっちゃんから
チケットを購入し、カンプノウのスタジアムへ。

この試合で初めて、スタジアム中の「空気の流れ」を
感じ取ることができたんだ。

試合経過としては、
ホームのバルセロナが、オウンゴールで1点失い、苦しい展開。
チェルシーが1人レッドカードで退場し、
何とかして追いつきたいけど、なかなか点が入らず。


ここで、バルセロナに選手交代があり、
「マキシ・ロペス選手」がピッチへ。

この瞬間に、体中からの身震いを感じたんだ。
スタジアム中からの「何かが変わる」「流れが変わる」
こういう雰囲気がを、全身で味わったんだよね。

それまで、何度もスポーツ観戦していたのに、初めての体験。
スポーツには流れがある、って思っていたけど半信半疑だった。


そしたら、本当に試合が動きました。
このマキシ・ロペス選手が同点ゴールを上げ、
その10分くらい後に、エトー選手が決勝ゴールし、
カンプノウの10万人の観客は、大熱狂の渦に。
結果、2−1でバルセロナが勝利。


これほどの一体感を感じられる空間があるんだ〜、
って、本当に久しぶりに味わいました。
(多分、2002年のFIFAワールドカップ以来)

日々「一体感のある空間」と「たのしいさわぎ」を届ける、
というのが、今のミッション・ステートメントなんだけど、
この体験が間違いなくつながっている。

・・・・

てなわけで、チャンピオンズリーグの決勝が始まります。
個人的な予想では、2−1でバルセロナ。
エトーとメッシが1点ずつ挙げるかなー。



長文でした。見ていただいた方に感謝です、
ありがとうございます。
これからも、「一体感のある空間」と「たのしいさわぎ」
を届けられるよう、精進していきます。

posted by ジーター at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セレンディピティと茂木健一郎氏

今日仕事で知り合った方から、
セレンディピティのDVDをいただきました。

茂木健一郎さんが、フジテレビの「ベストハウス」で
紹介していたものです。

このセレンディピティを見ながら、思ったこと。

・・・・

セレンディピティ(偶然からのひらめき)って、
様々な経験(成功も失敗も)、ゆとりから生まれるらしい。
ゆとりってのは、自分の感情(価値観)に合っていることを
やっているときに、とても感じるよね。

だからこそ、普段から
「近づきたい価値観」の元で生きていき、
小さなことも「記録」をつけていけばいいんだ!


そう思ったら、気が楽になりました。
今も実践しつつあるし、方向性は間違っていない。
セレンディピティが芽生える環境に、自分を置けている。
よしよし。
世の中の大発見でなくても、自分にとってブレイクスルーとなる
セレンディピティをひらめき、記録し、行動に移す。
これを繰り返していきたいですね。


・・・・
ちなみにベストハウスの映像自体は、
「役には立つけど・・・」という印象。

テレビで多面的に伝えるから1時間の番組になるけど、
30分もあれば十分な内容。
1.5倍速ぐらいにして、パパっと見たかったな〜。

posted by ジーター at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。