2009年07月28日

『持続力』 山本博著

持続力』 山本博著

2004年のアテネオリンピックで銀メダルに輝いた、
アーチェリーの山本博選手の著作です。

1984年のロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲ってから、
どのような紆余曲折を経て、山本博選手が
「中年の星」と呼ばれる偉業を達成したのか。

一流のアスリートのマインドを学ぶだけでなく、
一人の父親として、家族や子供がいたからこそ、
山本博選手の偉業につながったのだと、感じられる良書です。


この本で特に印象に残った点は、以下の部分です。

●大切なことは、どんなことでもベストを尽くしてナンバーワンに
なろうとする心を備えているかどうか。
どんなことでもいい。一度でいいからナンバーワンになることだ。
ナンバーワンになってみて、その地平から自分を見つめたときに
なにが見えるのか。なにを感じるのか。

●「二度とオリンピックに出場できなくても、息子に恥じない父親になろう」
「オリンピックのヒーローになれなくても、息子のヒーローになれるように生きよう」
息子の前で恥ずかしくない自分でありたい。
つねに恥ずかしくない行動や会話をしよう。

●一生懸命取り組んでいるときに、一生懸命であることが
苦しいとかつらいとか思ったことは一度もない。
そのがんばりは、もともとは自らの成功や成長を目指しての行動だったはずだ。
だとしたら、その出発点は、幸せを求めた楽しい行動であったはずである。

●コツコツ努力できるようになるコツがなにかを伝えるとすると、
それは日々の練習前にその日取り組むべき目標が見えていること、である。
練習の最後に目標が達成できたかできなかったか、
できたのならばどの程度できたのか、振り返ることだ。
そして翌日の課題を考えることである。


息子・家族ののヒーローになれるように、
感情的に怒らずに、常に恥ずかしくない言動を続けたいですね。

持続力』 山本博著


posted by ジーター at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評・・・アスリート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

50年に1度だけ咲く花

うちの会社に、とある花が咲いています。

何でも、30年から50年に1度だけ咲くという、
のんびりというか、大器晩成というか、そんな花だそうです。


その花は、リュウゼツランといいます。

リュウゼツラン、初めて聞きました。
この花が咲いており、現在高さ8mにもなっています。

あまりの高さに、テレビでの放送まで予定されています。
本当は本日でしたが、後日に延期になったとか・・・。


リュウゼツランではありませんが、
一つのことをコツコツと継続し、大きな花を咲かせる。
そんなでっかい人物になりたいですね。


posted by ジーター at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。