2009年04月23日

英会話とシンクロニシティ

土曜日は大学時代の英会話の、友人の結婚式でした。

その帰りの出来事。
西九条駅でJR阪和線にのり、和歌山方面へ。
途中の日根野駅で、関西空港行と分離する電車です。
(和歌山行きは、4両あれば十分なので・・・)

外国人2人組が乗車。どうもキョドっています。
こりゃ間違いなく、関西空港に行こうとしている、と確信。


早速、行動開始です
「Can I help you ?」

・・・


すぐに打ち解けました。
女性2人組で、石川県で英語の先生をやっているそうです。
1人はフロリダ出身、もう1人はイギリスのリバプール出身。

思いがけないイベントに感謝しつつ、40分ほど英会話。
お互いのアドレスを交換して分かれました。


なんていう出逢いなんだろう。


英会話の友人の結婚式に参加したら、
早速、英会話の友達が出来ました。
これぞまさしく、シンクロニシティですね。

十分、英会話を楽しんだんだと同時に、
まだまだ言葉に詰まるところがあった〜。
英会話、もっと頑張ろうっていうモチベーションになりました。


あ、シンクロニシティってこういう意味です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3


posted by ジーター at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語マスターへの軌跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。