2009年05月27日

バルセロナ からの感動−続き

いよいよ、今日はUEFAチャンピオンズリーグの決勝。
(正確には、日本時間の28日朝ですね)
バルセロナVSマンチェスターユナイテッドの試合です。

なーんて考えていたら、
かなーり昔にバルセロナ観戦記を途中まで書き、
そこで終わっていたことを思い出しました。


・・・・
2005年のUEFAチャンピオンズリーグ、
バルセロナVSチェルシー戦です。
http://hatsutane.seesaa.net/article/117021904.html?1243346548

バルセロナのソシオ(会員)のおっちゃんから
チケットを購入し、カンプノウのスタジアムへ。

この試合で初めて、スタジアム中の「空気の流れ」を
感じ取ることができたんだ。

試合経過としては、
ホームのバルセロナが、オウンゴールで1点失い、苦しい展開。
チェルシーが1人レッドカードで退場し、
何とかして追いつきたいけど、なかなか点が入らず。


ここで、バルセロナに選手交代があり、
「マキシ・ロペス選手」がピッチへ。

この瞬間に、体中からの身震いを感じたんだ。
スタジアム中からの「何かが変わる」「流れが変わる」
こういう雰囲気がを、全身で味わったんだよね。

それまで、何度もスポーツ観戦していたのに、初めての体験。
スポーツには流れがある、って思っていたけど半信半疑だった。


そしたら、本当に試合が動きました。
このマキシ・ロペス選手が同点ゴールを上げ、
その10分くらい後に、エトー選手が決勝ゴールし、
カンプノウの10万人の観客は、大熱狂の渦に。
結果、2−1でバルセロナが勝利。


これほどの一体感を感じられる空間があるんだ〜、
って、本当に久しぶりに味わいました。
(多分、2002年のFIFAワールドカップ以来)

日々「一体感のある空間」と「たのしいさわぎ」を届ける、
というのが、今のミッション・ステートメントなんだけど、
この体験が間違いなくつながっている。

・・・・

てなわけで、チャンピオンズリーグの決勝が始まります。
個人的な予想では、2−1でバルセロナ。
エトーとメッシが1点ずつ挙げるかなー。



長文でした。見ていただいた方に感謝です、
ありがとうございます。
これからも、「一体感のある空間」と「たのしいさわぎ」
を届けられるよう、精進していきます。

posted by ジーター at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バルサ勝ったね!

そういえば、メッシのブログ読んでる?
Posted by ash at 2009年05月28日 12:41
>ashさん

メッシブログ、たまーに見てますよ。
スペイン語をもう一回学んで、
直に話せたら最高ですね!
Posted by hatsutane at 2009年05月29日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。