2009年07月19日

ヒディンク自伝 韓国を変えた男

ヒディンク自伝 韓国を変えた男

2002FIFAワールドカップにおいて、
韓国代表をベスト4に導いた、フース・ヒディンク氏の著作。

2000年12月に就任してから18ヶ月で、
どのように韓国代表を作り上げ、歴史に残る偉業を達成したのか
血と汗と涙の記録とともに、書き下ろしています。

サッカーに興味のある人、指導者・リーダーに興味のある人
に、特にオススメです。


この本で特に共感したのは、以下のところです。

●指導者になろうと腹を決めた以上、
最高の指導者になろうと決意を新たにした

●我々が目標としていることに、信念を持て。
身体にアドレナリンがあふれれば、もっと多くのことを成し遂げられる。
試合の半分は精神力。

●徹底した分析作業を通じ、数値化した韓国チームの戦力資料も公開。
世界の強豪チームと比較して、どの水準にいるか。
パワーと持久力、技術、戦術、スピード、自信、経験と不安抑制力、
競技中の意思疎通と責任感、モチベーション、国家とサッカーに対する使命感、から比較

●選手やスタッフの家族を何よりも先に考える。
彼らがいなければ、皆長期合宿を消化できなかっただろう。
家族が、常にしっかりと支えてくれているという気持ちがあるからこそ、
選手は精神的に安定し、試合に最善を尽くせる。

●我々にいつも、試合を楽しめといっていた。
試合に勝ったときは、今日だけは楽しんもいい、
と緊張をほぐしてくれ、勝利に心行くまで酔わせてくれた。


ヒディンク自伝 韓国を変えた男

posted by ジーター at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評・・・スポーツ指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123802855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。