2009年07月28日

『持続力』 山本博著

持続力』 山本博著

2004年のアテネオリンピックで銀メダルに輝いた、
アーチェリーの山本博選手の著作です。

1984年のロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲ってから、
どのような紆余曲折を経て、山本博選手が
「中年の星」と呼ばれる偉業を達成したのか。

一流のアスリートのマインドを学ぶだけでなく、
一人の父親として、家族や子供がいたからこそ、
山本博選手の偉業につながったのだと、感じられる良書です。


この本で特に印象に残った点は、以下の部分です。

●大切なことは、どんなことでもベストを尽くしてナンバーワンに
なろうとする心を備えているかどうか。
どんなことでもいい。一度でいいからナンバーワンになることだ。
ナンバーワンになってみて、その地平から自分を見つめたときに
なにが見えるのか。なにを感じるのか。

●「二度とオリンピックに出場できなくても、息子に恥じない父親になろう」
「オリンピックのヒーローになれなくても、息子のヒーローになれるように生きよう」
息子の前で恥ずかしくない自分でありたい。
つねに恥ずかしくない行動や会話をしよう。

●一生懸命取り組んでいるときに、一生懸命であることが
苦しいとかつらいとか思ったことは一度もない。
そのがんばりは、もともとは自らの成功や成長を目指しての行動だったはずだ。
だとしたら、その出発点は、幸せを求めた楽しい行動であったはずである。

●コツコツ努力できるようになるコツがなにかを伝えるとすると、
それは日々の練習前にその日取り組むべき目標が見えていること、である。
練習の最後に目標が達成できたかできなかったか、
できたのならばどの程度できたのか、振り返ることだ。
そして翌日の課題を考えることである。


息子・家族ののヒーローになれるように、
感情的に怒らずに、常に恥ずかしくない言動を続けたいですね。

持続力』 山本博著


【関連する記事】
posted by ジーター at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評・・・アスリート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。