2009年08月09日

『「できる人」の話し方、その見逃せない法則』−ケビン・ホーガン著

『「できる人」の話し方、その見逃せない法則』−ケビン・ホーガン著


GMになるための、話し方・ふるまい方の原則をマスターする
この動機で読み始めた本です。

「できる人」の話し方のための、様々な法則を紹介しています。

・「できる人の話し方」9つの法則
・消費者を分類する、5つのタイプ
・4つのコミュニケーション・スタイル
・すぐにラポート(ラポール)を成立させる7つのポイント
・「成功するプレゼンテーション」の7つのポイント
・拒否をあらかじめ防ぐ6つの方法
・交渉をうまくまとめるための6つの方法


・・・などなど。
必ず一つは、参考になるところがあるでしょう。

コミュニケーションを良くしたい
家族とか身近な人間関係を良くしたい
セールス(営業)の成果を出したい

特に、こういう人にオススメの本です。


この本で特に印象に残ったのは、以下の部分です。


●相手を言葉で動かそうと思ったら、パッションを持たなければならない。
人生に対して、人々に対して、強くかかわりを持つこと。
生きていることの素晴らしさをもっと考えること。
自分の夢を達成するために必要なことにもっと集中すること。

●相手の価値観を知るためには練習が必要だ。
自分の製品を相手のニーズに合わせようとする前に、
相手の価値観を知る必要がある。
病気を診断する前に薬を処方しても間違いを犯すだけだ。

●「〜しない」という言葉を心の中で絵のように描くことはできない。
これは名詞でないために、「〜しない」を絵にすることは不可能なのだ。
実際に相手にやってもらいたいセンテンスを、
「〜しないで」を使って和らげながら書いてみよう。

「急いで決断しないでください」
「もし嫌だったら、私を夕食に誘おうなんて考えないでください」

●肝心なのは、相手のものの見方を理解することだ。
もし相手の言うことに完全に同意できないとしても、少なくとも
「自分が相手と同じ立場なら、自分も同じように感じるだろう」
と言い聞かせればいい。

●人間関係は90対10だと思え
相手に90パーセントあげて、そして10パーセント返ってくる。
もちろん自分が与えた以上の見返りなど期待してはいけない。
90対10の関係では、他意を持たずにいつも誠実さを伴っていなければならない。


セールス・家族・友人との会話など、
身近な環境で練習しながら(練習と悟られないように)
一つずつマスターしていきたいですね。

『「できる人」の話し方、その見逃せない法則』−ケビン・ホーガン著


ブログランキング始めました。
最後まで読んでくださった方、2クリックのご協力、お願い致します!

人気ブログランキングへ


posted by ジーター at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評・・・ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。