2009年08月26日

『大国アメリカはスポーツで動く』−生島淳著

大国アメリカはスポーツで動く』−生島淳著

アメリカというと、スポーツ大国っていうイメージですよね。
先日の世界陸上でも、リレーチームなど選手層がダントツに厚かった。
(4×400メートルリレーとか、圧勝でした)


今回ご紹介の本では、

政治家とスポーツのつながり
スポーツGM紹介
地域ごとの特性(東部、中西部、南部、西部)

など、アメリカにおけるスポーツ文化を、幅広く記載しています。
何かを深く学ぶというよりも、
日本との比較をしつつ、楽しみながら読めました。


この本で特に印象に残ったのは、以下の部分です。

●キューバン(マーク・キューバン)は、
自分のもっとも好きなことにお金を投資した
約285億円でマーベリックス(=NBAのダラス・マーベリックス)を買い取った

●ヨーロッパのサッカーが純粋な意味での「ビジネス」になったことは、
歴史上一度もない

●新しいスタジアムを建て、スイートを持つ収益性の高いスタジアムの経営を目指す
アメリカで成功した手法をそのままイングランドに持ち込む


大国アメリカはスポーツで動く』−生島淳著


ブログランキング始めました。
最後まで読んでくださった方、2クリックのご協力、お願い致します!

人気ブログランキングへ

posted by ジーター at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評・・・スポーツ(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126546285
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。