2009年09月16日

Jリーグ 収入と順位は比例する!?

Jリーグ公式HPに、J1、J2の計33クラブの
2008年度の経営情報が開示されました。

記事: http://www.j-league.or.jp/aboutj/jclub/keiei.html
詳細: http://www.j-league.or.jp/aboutj/jclub/2008-9/pdf/club2009.pdf

ふと気になったので、営業収入と順位が
どのように結びついているのか、調べてみました。
(比較対象:2008年度の営業収入と、2009年度の順位(9/16時点))

チームの規模、戦力につながる営業収入が、
翌年度の順位にどのような影響を及ぼしているのか。


左から、『2009年度順位、チーム、営業収入順位』の順です。


1: 鹿島 営業収入⇒ 3位 (41.80億円)
2: 川アF 営業収入⇒ 11位 (33.20億円)
3: 広島 営業収入⇒ 15位 (22.87億円)
4: 清水 営業収入⇒ 7位 (34.57億円)
5: G大阪 営業収入⇒ 2位 (43.99億円)
6: 新潟 営業収入⇒ 13位 (25.90億円)
7: 浦和 営業収入⇒ 1位 (70.91億円)
8: F東京 営業収入⇒ 8位 (34.33億円)
9: 京都 営業収入⇒ 14位 (25.02億円)
10: 名古屋 営業収入⇒ 5位 (40.71億円)
11: 神戸 営業収入⇒ 17位 (20.26億円)
12: 磐田 営業収入⇒ 9位 (33.87億円)
13: 横浜FM 営業収入⇒ 4位 (40.92億円)
14: 大宮 営業収入⇒ 11位 (30.59億円)
15: 山形 営業収入⇒ 18位 (6.26億円)
16: 柏 営業収入⇒ 12位 (29.97億円)
17: 千葉 営業収入⇒ 6位 (35.64億円)
18: 大分 営業収入⇒ 16位 (21.84億円)

J2から上がった広島、山形など、
条件が異なるので単純比較はできませんが、


@収入より2009年度順位が3つ以上アップ
⇒川アF、広島、清水、新潟、京都、神戸、山形

A収入より2009年度順位が3つ以上ダウン
⇒G大阪、浦和、名古屋、磐田、横浜FM、大宮、柏、千葉

Bその中間(アップ・ダウンとも3つ未満)
⇒鹿島、F東京、大分

こんな結果になりました。
収入が単純に順位に結びつかないのが、
Jリーグ、もといスポーツの面白いところですね。


ブログランキング始めました。
最後まで読んでくださった方、2クリックのご協力、お願い致します!

人気ブログランキングへ

posted by ジーター at 20:16| Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
J2も調べろや!
Posted by at 2009年09月17日 13:48
これを見ると、立地条件と営業収入というのは強い関連があるわけではないのですね。

鹿島の営業収入3位というのは驚きですね。
地方都市(というか田舎です)の立地。
ホームタウン人口の少なさ。
カシマスタジアムのアクセスの不便さ。
これは立派と言わざるをえない。
長年に亘る好成績が、このクラブのJリーグ1の人気や3位の営業収入を支え、更に好成績を呼ぶ好循環になっているようです。

新潟は、ホーム開催試合での大観衆の印象が強いのですが、営業収入には結びついていないようです。
でも好成績をあげているので、全国的な知名度の選手などが居れば、営業収入の増加を見込めるかもしれません。

川崎は、営業収入の割には好成績ですが、川崎市というホームタウンを考えたら、潜在的なキャパシティはもっとありそうです。
ここ数年はチーム成績が非常に良いですし、全国的な知名度を誇る選手も出てきましたので、今後は営業収入の増加を期待できそうです。

千葉は、フクアリの素晴らしさが営業収入に貢献している気がします。
立地条件の良さ。
アクセスの便利さ。
なによりもフクアリ自体のスタジアムとしての素晴らしさ。
今年のチーム成績は低迷していますが、フロントの努力しだいでは挽回が可能かもしれません。(今年は無理かも…サポのかたゴメン)

京都や神戸は、営業収入の割には金を持っている印象がありますね。
バックについている企業からのお金が効いているのでしょうか?

広島は素晴らしい。
営業収入は少なくても、ユースで育てた選手が活躍しての好成績!
監督の件にしても、選手育成にしても、先を見据えたクラブ運営が好成績という実を結んでいるのでしょう。
今後も好成績が続くと選手への報酬が増加していき、今は浦和が、過去には磐田や鹿島や横浜Mが苦しんだような状況に直面するかもしれませんが、広島のフロントならば上手く対処してくれるかもしれません。
Posted by シチズン at 2009年09月17日 16:22
シチズンさん

コメントありがとうございます。
私も、これを調べるまでは、ある程度
立地と収入は比例すると思っていました。

ただ、収入項目の「その他」
これがチームによってばらつきが大きい。
「広告料」「入場料」「Jリーグ配分金」
以外にどんな収入源があるのか。

親会社やスポンサーからの出資
グッズ収入
・・・?

これらを追究すると、更に考えが深まりそうですね。
Posted by ジーター at 2009年09月18日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128195770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。