2009年05月27日

バルセロナ からの感動−続き

いよいよ、今日はUEFAチャンピオンズリーグの決勝。
(正確には、日本時間の28日朝ですね)
バルセロナVSマンチェスターユナイテッドの試合です。

なーんて考えていたら、
かなーり昔にバルセロナ観戦記を途中まで書き、
そこで終わっていたことを思い出しました。


・・・・
2005年のUEFAチャンピオンズリーグ、
バルセロナVSチェルシー戦です。
http://hatsutane.seesaa.net/article/117021904.html?1243346548

バルセロナのソシオ(会員)のおっちゃんから
チケットを購入し、カンプノウのスタジアムへ。

この試合で初めて、スタジアム中の「空気の流れ」を
感じ取ることができたんだ。

試合経過としては、
ホームのバルセロナが、オウンゴールで1点失い、苦しい展開。
チェルシーが1人レッドカードで退場し、
何とかして追いつきたいけど、なかなか点が入らず。


ここで、バルセロナに選手交代があり、
「マキシ・ロペス選手」がピッチへ。

この瞬間に、体中からの身震いを感じたんだ。
スタジアム中からの「何かが変わる」「流れが変わる」
こういう雰囲気がを、全身で味わったんだよね。

それまで、何度もスポーツ観戦していたのに、初めての体験。
スポーツには流れがある、って思っていたけど半信半疑だった。


そしたら、本当に試合が動きました。
このマキシ・ロペス選手が同点ゴールを上げ、
その10分くらい後に、エトー選手が決勝ゴールし、
カンプノウの10万人の観客は、大熱狂の渦に。
結果、2−1でバルセロナが勝利。


これほどの一体感を感じられる空間があるんだ〜、
って、本当に久しぶりに味わいました。
(多分、2002年のFIFAワールドカップ以来)

日々「一体感のある空間」と「たのしいさわぎ」を届ける、
というのが、今のミッション・ステートメントなんだけど、
この体験が間違いなくつながっている。

・・・・

てなわけで、チャンピオンズリーグの決勝が始まります。
個人的な予想では、2−1でバルセロナ。
エトーとメッシが1点ずつ挙げるかなー。



長文でした。見ていただいた方に感謝です、
ありがとうございます。
これからも、「一体感のある空間」と「たのしいさわぎ」
を届けられるよう、精進していきます。

posted by ジーター at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

バルセロナ からの感動

一昨日、マンチェスターユナイテッドの試合を
見に行ったことを報告しました。

詳しくは↓
http://hatsutane.seesaa.net/article/117022895.html?1239249335



実はHatsutane、

バルセロナ

の試合も見に行きました。
2005年のチャンピオンズリーグ、

バルセロナチェルシー戦です。

(それにしても、昨夜(今朝)のバルセロナ、すごかったですね〜。
バイエルン相手に、前半だけで4点取るなんて。)


・・・話は戻ります。

2年連続、バルセロナ対チェルシー
って言えば、サッカーファンの方はわかるかな。
その1年目の方でした。
これが、今までで一番印象に残っている試合。


何としても試合を見たい!けどチケットが手に入らない・・・。
行けば何とかなるかも!ってことで、
バルセロナのホームスタジアム、カンプノウへ。

この試合は、バルセロナ対レアル戦より人気があったんだ
試合前日のチケット代は、最高14万円だったとか(驚)


これも話すと長くなるから割愛するんだけど、
結局、奇跡的に(本当に奇跡的にexclamation
バルセロナのソシオ(会員)の人から、

「息子が来れなくなったから、チケットが1枚余っている」

と話しかけられ、そのチケットを手に入れました。
そうして、バルセロナのホームスタジアム、カンプノウへ。



・・・続きはまた後ほど。
本当に、この試合を見て、心から感動したんだ。

posted by ジーター at 21:56| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

マンチェスターユナイテッド から得たもの

いよいよ、チャンピンズリーグの準々決勝が開幕です。
日本時間で朝3時くらいだったかな。


そういえば、イギリスに行ったときに、

マンチェスターユナイテッド

の試合を生で観戦したなぁ。


2005年の3月の話です。
大学の卒業旅行で、ヨーロッパ中のサッカーを観戦したんだ!
(詳しく話すと長くなるので、また後日・・・)


リバプールのグッディンソンパークって所で観戦したんだ。

マンチェスターユナイテッドエバートンをね。


エバートンは、リバプールの街にある、
リバプールと人気を二分するチームなの。
だから、サポーターがアツイ。


そして、知ってる人もいると思うけど、
マンチェスターユナイテッドの10番ルーニー

は、元エバートンの選手なんだよね。



おかげで、試合は凄かった。
ルーニーがボールに触れるたびに「F○CK」の連発!
挙げ句には、ゴール裏でサポーター同士の衝突が起きたり。
(確かこのサポーターは、グッディンソンパークに永久追放だったはず)


とにかく、スタジアムが近く
本当にダイナミックな空間を味わったんだ。

今も忘れない、将来つくり上げたい空間だったよ。

posted by ジーター at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

オーストラリア戦 雰囲気が・・・

久しぶりに、サッカーを生で見ました(TVですが)
2010年ワールドカップ予選 対オーストラリア戦です。

多くの人が色んなサイトで書き込んでるだろうし、
サッカー専門家ではないので、
戦術や技術的な話ではなく、感じたことを率直に。

今日のオーストラリア戦では
残念ながら、雰囲気を感じませんでした。


スポーツを観戦するときは、
一瞬一瞬の「場の雰囲気」を感じることを意識しています。
言い換えると、流れってところでしょうか。

試合を見てると、流れが切り替わる瞬間
って絶対にあるんですよね。


サッカーで言うと、

選手交代のとき
誰かがミスってコーナーキックになった瞬間
決定的なチャンスを逃した瞬間
・・・

とかが多いかな。

こりゃ大きく動くぞ!
っていう雰囲気を感じるときがあって、
この雰囲気を感じると、一気に点が入ることが多い。


残念ながら、今日のオーストラリア戦では
この動くぞ!っていう雰囲気を感じませんでした。
こりゃ多分お互いに点が入らないだろうなー
って思っていたら、案の定でした。


ちなみに、この雰囲気ってのは
スタジアムで生で観戦すると、本当に感じられますよ。
ぜひ、体感してみてください。

まぁ、残念な結果でしたが、次に期待しましょう。
2010年のワールドカップは、絶対に出てもらいたいからね。
posted by ジーター at 23:18| Comment(0) | スポーツ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。